現代における印鑑

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑海外にはじめて旅行に行ったり、留学や仕事などで海外生活を経験したりすると、海外のサインの文化を新鮮に感じる人は少なくありません。カッコいいサインを一生懸命考えるという人も多いようです。日本では印鑑を使うことが当たり前なので、サインらしいサインをする機会というのは少なく、宅配便が来てサインをするときも普通に名前を書くだけです。やはり日本では印鑑というものが文化として重要であり、社会的にも大切です。しかしほとんどの買い物がオンラインでできるようになり、申し込みや手続きもオンライン化が進むなかで印鑑の重要性というものをあまり理解できなくなっている年代の人たちもいるかもしれません。現代社会において印鑑というものはまだ重要なのでしょうか。

銀行のように頻繁に印鑑を使用するイメージがある所でオンライン化が進むと、確かに日常生活の中で印鑑の出番が減っているように感じるかもしれません。しかし今でも印鑑の役割は変わっておらず、自分自身の証明と、自分の意思を証明するものとなっています。重要な点として日本という国では国の法律によってきちんと印鑑を使用しなければいけない場面がたくさんあるということを覚えておきたいです。大人の世界では特にそうで不動産の売買の時や住民票を移動させるときなどは当然印鑑が、それも実印が必要になってきます。やはり日本で生活する者としてきちんとした印鑑を持っておくことは今でも大切なことと言えます。

Published by 管理人