印鑑の重要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

象牙印鑑がとても重要な物であることを認識すると「亡くなった人の印鑑はどう処理すればいいのだろう?」という疑問が出てきます。まず家族が亡くなった場合、故人が象牙製の印鑑を残していたときには遺族の希望があれば新しい名前を刻んで引き続き使用できるようにすることも可能なようです。というのも象牙は原材料の輸入が禁止されているので貴重なのです。むやみに処分せずに引き続き使用できるようにしたほうが良い場合もあるわけです。また全日本印章業協会の加盟店では亡くなった方の印鑑を無償で預かり年に一回神社で供養するということもしています。

さまざまな契約の際や役所に婚姻届を提出するときなどさまざまな人生の分岐点で必要になってくる印鑑ですが、なんとなくしっかりと印鑑を押印する動作自体も日本人にとっては一つの決意や決定の気持ちを表しているように感じる方は多いのではないでしょうか。一般的に数の多い苗字の方であれば100円ショップでも購入できる印鑑ですが、せっかくなので100円のものではなく、素材もしっかりとした実印を、また使い勝手の良いネーム印を通販で購入してみるのはいかがでしょうか。社会に出るときや結婚するときなどはまさに印鑑購入のベストタイミングかもしれません。

ネーム印の購入も

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑が必要な場面というのは実印を用いる場面ばかりではありません。実際のところ実印を出さなければいけない場面の方が少ないのではないでしょうか。普段の生活の中で頻繁に必要になるのは普通のシャチハタでしょうから、そうした印鑑を欲しいと思っている方も多いはずです。若い方の中には「シャチハタって何?」といういう人もいるかもしれませんが、朱肉なしで押印することができるタイプの印鑑のことで、荷物の受け取りなどで一般的に使用されるものです。シャチハタは本来ネーム印という言い方をしますが、このネーム印ももちろん通販で購入することが可能です。

ネーム印このネーム印もいろいろなものがあり、社会人になるときにプレゼントとしてもらったなんて方も結構多いのではないでしょうか。中にはペンと一緒になっているタイプのものもあり、会社で頻繁にハンコを押さなければいけないような場合にはとても便利なものとなっています。近年こうしたネーム印ならではの遊び心も登場しており、実印では使用できないようなデザイン性の高いものもあり、自分でデザインをしてペットの動物を入れるなどして自分ならではのネーム印を作っている方もいます。こうしたネーム印も通販で購入すると便利です。

〔参照HP〕いいはんこやどっとこむ® / 印鑑通販購入

便利な通販

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑が重要なアイテムであることは現代でも変わりないですが、実際に印鑑のお店に出向いて印鑑を作ったことのある人というのは最近では少なくなっているのではないでしょうか。よくホームセンターの角のあたりで印鑑を作ってくれるというお店があり、そうしたところで作ってもらうという人も多いかもしれません。印鑑の専門店と聞いてもすぐに「あそこにありますね」と思い浮かべられる人は少ないでしょう。もちろん実際に行ける最寄りの印鑑専門店があればいいのですが、最近では印鑑も通販で購入するという人が増えています。忙しい中で実店舗に印鑑を買いにいくような暇がなかなか取れないという方には重宝するサービスではないでしょうか。

通販通販の便利なところは当然家で待っていれば買ったものが届くというところなのですが、印鑑という専門性が高そうなものでも最近は即日発送できるというショップも多いですし、さらには送料無料というお店もあります。激安や格安をうたっているショップもあり、そこまでこだわりはないものの必要にかられてある程度きちんとした実印を購入しなければいけないという方にとっては大変便利な買い物の仕方です。もちろん通販だと比較検討できるサイトも多いので、実績や価格、高級感や材料など見比べて購入しましょう。

現代における印鑑

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

印鑑海外にはじめて旅行に行ったり、留学や仕事などで海外生活を経験したりすると、海外のサインの文化を新鮮に感じる人は少なくありません。カッコいいサインを一生懸命考えるという人も多いようです。日本では印鑑を使うことが当たり前なので、サインらしいサインをする機会というのは少なく、宅配便が来てサインをするときも普通に名前を書くだけです。やはり日本では印鑑というものが文化として重要であり、社会的にも大切です。しかしほとんどの買い物がオンラインでできるようになり、申し込みや手続きもオンライン化が進むなかで印鑑の重要性というものをあまり理解できなくなっている年代の人たちもいるかもしれません。現代社会において印鑑というものはまだ重要なのでしょうか。

銀行のように頻繁に印鑑を使用するイメージがある所でオンライン化が進むと、確かに日常生活の中で印鑑の出番が減っているように感じるかもしれません。しかし今でも印鑑の役割は変わっておらず、自分自身の証明と、自分の意思を証明するものとなっています。重要な点として日本という国では国の法律によってきちんと印鑑を使用しなければいけない場面がたくさんあるということを覚えておきたいです。大人の世界では特にそうで不動産の売買の時や住民票を移動させるときなどは当然印鑑が、それも実印が必要になってきます。やはり日本で生活する者としてきちんとした印鑑を持っておくことは今でも大切なことと言えます。